忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

六武衆に《深海のディーヴァ》を加える事でシンクロ召喚を可能にしたデッキ
…を原案に《A・ジェネクス・バードマン》を駆使したりしながら武士道カウンターを溜めていくデッキへと構築を変更したものです。

モンスター(20枚)
六武衆-ヤイチ×2枚
六武衆の露払い
六武衆の師範×3枚
六武衆の御霊代×3枚
六武衆-ニサシ
六武衆-ザンジ
六武衆-カモン
六武衆-イロウ×2枚
深海のディーヴァ×2枚
紫炎の老中 エニシ×2枚
A・ジェネクス・バードマン×2枚

魔法(16枚)
六武衆の理×2枚
六武衆の結束×3枚
六武の門×3枚
増援
月の書×3枚
強欲で謙虚な壺×3枚
サイクロン

罠(4枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
諸刃の活人剣術×2枚
群雄割拠

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
X-セイバー ウェイン
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
メンタルスフィア・デーモン
大地の騎士ガイアナイト
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


特殊召喚した《六武衆の師範》を《A・ジェネクス・バードマン》で手札に戻し再度《六武衆の師範》を特殊召喚する事で武士道カウンターを貯め込んだり、レベル8シンクロに繋げたりします。
《六武衆の御霊代》は装備状態から解除しても武士道カウンターを乗せられるので3投。

《A・ジェネクス・バードマン》は武士道カウンター絡みだけでなく、シンクロ召喚でもかなり役立つモンスターです。
+《六武衆の御霊代》+《六武衆-ヤイチ》でレベル9に持って行く事も可能なので《諸刃の活人剣術》との組み合わせも考慮しながらモンスター展開を進めていきましょう。

《深海のディーヴァ》は《諸刃の活人剣術》や《六武衆の師範》との組み合わせを期待できるモンスターです。
シンクロモンスター2体をターン中に2回シンクロ召喚できるギミックになるので攻める段階では中々強力。《六武衆-ヤイチ》の効果などで相手の魔法・罠を除去してから場に出せるといい感じかもしれません。
…なお、《深海のディーヴァ》3枚+サポートモンスターでこの関連のカードを4枚以上投入すると事故率が高くなるのには注意してください。


六武衆の新たなサポートカードとして登場した《六武の門》は非常に強力。
この効果を使って六武衆召喚→《六武衆の師範》特殊召喚→《六武衆の師範》回収とつなげると、手札に他の六武衆がい続ける限り毎ターン武士道カウンターを4つづつ集める事ができてしまいます。
毎ターン《六武衆の師範》をサーチし続けられる…これが六武衆にとってどれだけ力強く、またどれだけ強い効果なのかは《黒い旋風》辺りを見ると良く分かるはず。
使わない手はありません。

ただし安定して効果を発動させるには予め《六武衆の師範》が手札になえければいけないのが難点。
1ターン間をおいて武士道カウンターを4個貯めようとするとその間に《サイクロン》が飛んで来かねませんので…


そして最後に、自分としてはやっぱり《六武衆の理》+《六武衆-ニサシ》のコンボを推したい。

《六武衆の理》は墓地に六武衆がいる段階で無理矢理武士道カウンターを乗せる要員としての活躍を見込んでしまいがちだけれども、その他サクリファイスエスケープやら何やらの用途を差し置いて(個人的に)《六武衆-ニサシ》を墓地に送り《六武衆-ニサシ》を蘇生するのが強力だと思うんだ。
効果を発動した状態でダイレクトアタックを行うと単体で2800ダメージ。《六武衆の理》1枚追加で計5600ダメージ。もう一枚追加すると… と言った具合に、《六武衆の理》+《六武衆-ニサシ》は詰めの1撃としてかなりの威力を発揮する。
…速攻魔法によって追加攻撃を行う辺りで「俺のバトルフェイズはまだ終了していないぜ!」ができるのも魅力だったり。


次のパックで六武衆サポートが登場するらしいし、その辺りの事も含めてひとまず六武衆デッキを公開しておきます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
初コメです。いつもサイト覗かせてもらってます。参考になるデッキばかりで助かっています。

今回六武衆ということで拝見して、素人の自分が言うのもなんですが相性のいいカードがあったので紹介をと思いまして。

相性のいいカードは、血の代償です。
六武の門との相性は抜群で、六武衆が途切れることはないと思います。
六武衆の結束との相性も良く、デッキはよく回るようになると思います。
知り合いの六武衆デッキに投入されていたのでそこからの引用ですが、参考になれば幸いです。
ムスペル URL 2010/09/10(Fri)22:27:56 編集
無題
おぉ。
血の代償とは中々面白そうですね。

中途半端にカウンターを乗せるのはよろしく無いのでキッチリ代償を生かすために門の効果を2回発動したいとなると、手札に3枚の六武衆・場に門と代償が必要になりそうなのが難ですが…

カウンターを6個乗せやすくなると考えると、紫炎軸で採用するのが正解なんでしょうかね。
六武衆3体+紫炎ってのは割りと地獄絵図な気がします。
クリ 2010/09/11(Sat)02:56:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4