忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《アンデットワールド》の種族変更効果を利用し相手の墓地から特殊召喚したモンスターをエクシーズ素材とする事で簡易的にではあるものの、相手の墓地利用を封じる事を目的・主体としたデッキです。

…が、ギミックの取りまとめが非常に難しく構築をより洗練されたものにしていくのがとても難しいです。

デッキレシピは未完成もいいとこ。
今後練度を向上させよりコンセプトに則った、安定したデッキにしていきたいと思います。



●メインデッキ

モンスター(23枚)
馬頭鬼(めずき)
蒼血鬼×2枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
闇竜の黒騎士(ブラックナイト・オブ・ダークドラゴン)×3枚
ライオウ×2枚
ピラミッド・タートル×2枚
ゾンビキャリア
ゾンビ・マスター×3枚
ゴブリンゾンビ
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
TG ワーウルフ
TG ラッシュ・ライノ×2枚
TG ストライカー×2枚

魔法(15枚)
大嵐
生者の書-禁断の呪術-
死者蘇生
月の書
禁じられた聖杯
強欲で謙虚な壺
強制転移×2枚
闇の誘惑
サイクロン×2枚
おろかな埋葬
アンデットワールド×3枚

罠(2枚)
神の宣告
激流葬

エクストラデッキ(不完全)
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
TG ワンダー・マジシャン
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
カチコチドラゴン
ジェムナイト・パール
デスカイザー・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
蘇りし魔王 ハ・デス
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク




●概要

《アンデットワールド》を併用し相手の墓地のモンスターをこちら側に特殊召喚、それをエクシーズ素材として場に留めておくことで簡易的に墓地利用を阻害しようと目論むデッキです。
相手モンスターをこちらの場に移す、という特性に特化させ《強制転移》なども採用してあります。

なお、相手の墓地に存在するレベル4モンスターをエクシーズ素材として利用する事になるため、墓地利用の妨害を行う事で被害が出るデッキタイプがHEROくらいしかいないと思われます。ご注意ください。
レベル2を意識した場合には《TG ストライカー》、《ゾンビキャリア》がエクシーズ素材の片割れに、レベル3
を意識した場合には《魂を削る死霊》(このレシピには入っていません)が素材の片割れとなります。

《アンデットワールド》のリリース封じも含めメタデッキのような動きをするため《ライオウ》のようなカードも積極的に採用できます。
往年の【光アンデット】を下地としたデッキといったところでしょうか。




●プレイング

-ゲーム序盤

エクシーズ関連のギミックとしての《蒼血鬼》を視野に入れる場合は、特殊召喚対象となるアンデット族モンスターが墓地に必要になるため、《ゴブリンゾンビ》や《ピラミッド・タートル》が序盤では活躍が見込めます。
ただし、そういう狙いのプレイは遊びの要素が強く、ガッチリしたデッキを相手にする場合には《召喚僧サモンプリースト》の効果から特殊召喚する事も視野に入れた《ライオウ》のプレイを前提にした方が賢明です。

《アンデットワールド》で相手の墓地のモンスターを特殊召喚する事がコンセプトとなっているデッキですので、相手の墓地にモンスターカードが存在する事も重要です。
・・・が、それに関しては特にいきり立ってプレイを進める必要もないので、序盤はのらりくらりと相手の攻撃を受け流しながら地盤を固めていきましょう。

-ゲーム中盤

アタッカーを本格的に運用していく段階です。
アタッカーとなるモンスターは各種ランク4エクシーズモンスター。特に相手モンスターをエクシーズ素材としたものが理想的です。
相手モンスターをエクシーズ素材に利用する事による墓地利用妨害の効果・影響力は気休め程度でしかありませんが、相手のテンポを乱せる事は確実なので狙っていきたいところです。
《TG ストライカー》+《ピラミッド・タートル》などからの《ナチュル・パルキオン》もかなり強力。シンクロモンスターもアタッカーとしては十分な性能を誇ります。

また、相手が場に出してきた大型のモンスターを「TG」や《ピラミッド・タートル》を餌に《強制転移》してしまうのもアタッカーを獲得する手段となります。

-ゲーム終盤

特別なフィニッシャーは存在しません。
ゲームを終了させるためにはエクシーズモンスター・シンクロモンスターを1ターン中に連続特殊召喚するのが手っ取り早そうです。
そのためには《蒼血鬼》がとても良い動きをするので利用してみると良さそうです。




●個別カード解説

-モンスターカード

・《闇竜の黒騎士》
《アンデットワールド》化で特に強い影響力を発揮するモンスター。
戦闘破壊したモンスターを即座にこちらの場に特殊召喚できるのでうまく利用していきましょう。
ゲーム序盤では《闇竜の黒騎士》から速やかに《インヴェルズ・ローチ》をエクシーズ召喚するのがなかなか強力です。
デッキコンセプトである「相手モンスターをエクシーズ素材化する」というプレイは《トラゴエディア》無しにはこのカードでしか達成できないため、大切に扱ってください。

・《蒼血鬼》
エクシーズ素材を取り除いて発動する効果により、このカード1枚からランク4エクシーズ召喚を行えます。
高攻撃力のアタッカーを連続特殊召喚して場に並べてゲームエンドに持ち込みたい場合にはかなり役立つカードなので利用してみてください。
ゲーム序~中盤では役立たずなのでかなりのお荷物感が漂っています。 

用例1:《召喚僧サモンプリースト》→《ゾンビ・マスター》→効果《蒼血鬼》特殊召喚と手札3枚を消費してランク4エクシーズモンスター2体をエクシーズ召喚

・《カオス・ソルジャー -開闢の使者》
相変わらずのプププ開闢。

・《召喚僧サモンプリースト》
特殊召喚先の主な候補は5つ。
《ライオウ》→相手のデッキが判明しており、明らかに《ライオウ》が弱点の場合
《ゾンビ・マスター》→効果発動後にエクシーズ召喚を行う事で総攻撃力の底上げを行える
《ピラミッド・タートル》、《ゴブリンゾンビ》、《TG ラッシュ・ライノ》→《強制転移》狙い

-魔法カード

・《アンデットワールド》
キーカード。
まずこのカード自体でリリースを封じ、相手の墓地のモンスターをエクシーズ素材として場に留めておくことでさらに墓地利用も封じ(た気になり)ます。
間接的にテンポを奪うカードとなっており、その効果の程には疑問を抱かざるを得ませんが、特定のタイプのデッキに対してはかなり強い影響力を発揮します。

机上の空論ですが、このデッキはHERO・天使・悪魔に強いタイプのデッキであると思われます。

・《強制転移》
エクシーズ素材として確保できない大型モンスターをこちらのフィールド上に招き入れるためのカードです。
上級モンスターの処理に必要になるカードなので《召喚僧サモンプリースト》で切るのはなるべく避けたいところ。

-罠カード

・採用枚数について
明らかに少ないです。
《ライオウ》によるメタを主体にする場合、もう少し攻撃から身を守るための罠カードが欲しいはず。

-エクストラデッキ

・《デスカイザー・ドラゴン》
《アンデットワールド》とのコンボ。
《蒼血鬼》の効果によって「エクシーズモンスター+《蒼血鬼》+《ゾンビキャリア》」という場を組めた場合、(《アンデットワールド》が必要ですが)このカードをフィニッシャーとしてシンクロ召喚すると極めて強力です。

・《蘇りし魔王 ハ・デス》
何かと便利な効果を持つモンスター。
今現在では「TG」の効果を無効にすることが一番多い?




●採用候補

・《傀儡虫》
《アンデットワールド》と組み合わせる事でどんなモンスターのコントロールも奪うことができる。
対暗黒界的な意味合いも持ちサイドデッキには必須。
場合によってメインデッキにも。

・《酒呑童子》
ドローしたい人向け。
このカードを採用した場合、《異次元からの帰還》、《異次元からの埋葬》、《虚空海竜リヴァイエール》辺りは必須になるっぽい。

・《リビングデッドの呼び声》
各方面で役立つ万能カード。
チェーン《リビングデッドの呼び声》、《ライオウ》特殊召喚で色々と封じてみたりも。

・《トラゴエディア》
各ランクのエクシーズ召喚に用いる事ができるモンスター。
確保する相手モンスターのレベルが固定ではなく安定性に欠けるこのデッキではほぼ必須です。
レシピに加わっていないのは枠が見つからなかったため。
枠は無いけど必須・・・

・《魂を削る死霊》
レベル3モンスターの確保を想定するならば1枚は入れておきたいカード。
土壇場にも強い。

・《ガチガチガンテツ》
レベル2モンスター(《神秘の代行者 アース》など)を素材として確保したい場合に必要になるカード。

・《虚空海竜リヴァイエール》
レベル3モンスター(・・・?)を素材として確保したい場合に必要になるカード。
そうでなくても除外した《馬頭鬼》《ゾンビキャリア》を場に戻す事ができる強力なカードなので何は無くとも入れておきたいカードかも。




●考察

-対天使
・「代行者」モンスター→《アンデットワールド》+《闇竜の黒騎士》などで強奪。墓地から代行者を取り払う事で《マスター・ヒュペリオン》の特殊召喚タイミングを遅らせる
・《マスター・ヒュペリオン》→《アンデットワールド》で墓地に天使族が存在しなくなるため除去効果を発動できなくなる
・《大天使クリスティア》→《アンデットワールド》で墓地に天使族が存在しなくなるため特殊召喚できなくなる

主要なカードに対する回答はあるものの、概ね《アンデットワールド》+αのコンボでの処理になるためやや不安定。

-対暗黒界(および悪魔族)
・フィールド上の悪魔族モンスター全て→《傀儡虫》でコントロールを奪える。
・その他シンクロモンスター及びエクシーズモンスター→《アンデットワールド》影響下ならば《傀儡虫》でコントロールを奪える。

その他個別に対策が必要になる。
《ヂェミナイ・デビル》など?

-対HERO
・墓地に存在するHERO(《ミラクル・フュージョン》)→《アンデットワールド》+αでこちら側に特殊召喚し素材として確保。

やや優位に立てる程度で効果はまるで期待できない。
もしも相手が《ミラクル・フュージョン》を発動できない状況が続くならば相手はATK1900以下のモンスターでやりくりせざるを得ないのでこちら側が圧倒的に有利になる。
《E・HERO アナザー・ネオス》をエクシーズ素材として確保できるのが理想ですが、ATK1900を《闇竜の黒騎士》で奪うのはとても難しい・・・
単騎の融合HEROは《強制転移》してあげるといい感じ。




●おしまい

そういったコンセプトの下、とりあえず組んでみたデッキです。
コンセプトだけが先行してイマイチに詰め切れていませんが、簡単に構築できない辺り相当なポテンシャルを秘めているんじゃないでしょうか。

といったところで本日はここまで。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
ファラオの化身と深海のディーヴァとか入れても面白いですよ
gil 2011/09/09(Fri)22:17:28 編集
無題
賢者の聖杯は入ってないんですか?

コンセプト的にも合いますし、サモプリのコストにもなりますから有りだと思うんですが……。
ほのぼの~ 2011/10/06(Thu)14:52:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4