忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6属性の融合HEROと《F・G・D》を組み合わせ、《ミラクル・フュージョン》と《龍の鏡》をフルに積み込んだ融合特化デッキです。
《E・HERO プリズマー》や《竜の渓谷》を用いて速やかに融合素材を墓地に送る事で融合条件を満たしていきます。

※面白さ重視のデッキで、強さは度外視しています。



●デッキレシピ

モンスター(19枚)
神竜 ラグナロク
真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)
沼地の魔神王×3枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
仮面竜(マスクド・ドラゴン)
メテオ・ドラゴン
ベビードラゴン
ブリザード・ドラゴン
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
E・HERO プリズマー×2枚
E・HERO フェザーマン
E・HERO バブルマン
E・HERO バーストレディ
E・HERO クレイマン
E・HERO エアーマン

魔法(18枚)
龍の鏡(ドラゴンズ・ミラー)×3枚
竜の渓谷×3枚
融合×2枚
未来融合-フューチャー・フュージョン
大嵐
強欲で謙虚な壺×3枚
ミラクル・フュージョン×3枚
テラ・フォーミング×2枚

罠(3枚)
王宮のお触れ×3枚

エクストラデッキ
E・HERO Great TORNADO
E・HERO The シャイニング
E・HERO アブソルートZero
E・HERO エスクリダオ
E・HERO エリクシーラー
E・HERO ガイア
E・HERO ノヴァマスター
F・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)×2枚
No.39 希望皇ホープ
インヴェルズ・ローチ
カチコチドラゴン
メテオ・ブラック・ドラゴン
千年竜(サウザンド・ドラゴン)
竜魔人 キングドラグーン




●概要

6つの属性全てを利用する事を意識した融合特化デッキです。
6属性のドラゴンと5属性のHEROを融合素材に利用し、10種類以上の融合モンスターを自在に利用して戦います。
なお、デッキを使う上での「こだわり」として、《F・G・D》の融合召喚には光属性以外の5属性ドラゴンを用いた「正規融合(自称)」を意識してほしいです。




●プレイング

-ゲーム序盤
このデッキをプレイする上で最も重要なのが「融合素材を墓地に落とす」という事です。
《E・HERO プリズマー》や《竜の渓谷》がそのために非常に役立つため、この2種類のカードはゲーム序盤から積極的に利用していってください。
ただ、《竜の渓谷》は手札消費が激しいため乱用は禁物です。
ドローで手札に加えられえる《ミラクル・フュージョン》《龍の鏡》で勝負を挑むデッキではありますが、《竜の渓谷》で融合素材にならない魔法・罠カードを墓地に捨ててしまうとデッキの回転が著しく悪くなるため注意が必要です。
また、手札の融合素材は《沼地の魔神王》で手札に加えた《融合》を用いて融合モンスターの素材にできる場合もあります。

-ゲーム中盤
ある程度墓地にモンスターカードが溜まってきたら《ミラクル・フュージョン》《龍の鏡》の出番です。
「○属性モンスター」という融合素材を必要とする各種融合HEROはそれ以外の融合モンスターを融合素材に利用する事も可能なのでそれよりは先にドラゴン族融合モンスターをアタッカーとして場に出したいところ。
アタッカーの運用順序としてはドラゴン族融合モンスター→HERO→《カオス・ソルジャー -開闢の使者》と展開していくのが好ましいです。

-ゲーム終盤
フィニッシャーを務めるモンスターは《F・G・D》《カオス・ソルジャー -開闢の使者》程度。
あまり場に出てくる事は無いので、基本的には融合モンスターの攻撃で相手のライフを削っていく事になります。
1ターン中に複数の融合モンスターを場に出していけるのが理想的ですが《ミラクル・フュージョン》《龍の鏡》を手札に温存し続けるのは難しいです。
ロマン分やエンターテイメント性を考慮した場合のフィニッシャーは《E・HERO エリクシーラー》。
勝っても負けてもフィニッシャーです。
ついでに《F・G・D》はいかなる場合も正規融合(自称)で。




●個別カード解説

-モンスターカード

・《ブリザード・ドラゴン》
水属性ドラゴン族モンスターとして《F・G・D》の融合素材になる。
融合素材はなるべく通常モンスターで揃えたかったのですが、この枠は適合するモンスターが1体もいませんでした。
この枠の候補は他には《青氷の白夜龍》しかいません。
各属性ドラゴンをレベル8でまとめ《トレード・イン》を採用する場合には《青氷の白夜龍》をどうぞ。

・《メテオ・ドラゴン》
地属性ドラゴン族モンスター。
融合素材枠のカードを採用する上で大事なのは「融合先のモンスターが存在する事」です。
地属性ドラゴンかつ融合モンスターの素材である、というのはこのカードしかなかったはず。
融合先は《メテオ・ブラック・ドラゴン》。
レベル8統一の場合は《モンタージュ・ドラゴン》。

・《神竜 ラグナロク》
光属性ドラゴン族モンスター。
「かつ融合素材である」を満たすモンスターで、融合先は《竜魔人 キングドラグーン》。
レベル8統一の場合は《青眼の白龍》など。

・《ベビードラゴン》
風属性ドラゴン族モンスター、「かつ融合素材である」。
融合先は《千年竜》。
レベル8統一の場合は《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》か《コアキメイル・マキシマム》。

・《真紅眼の黒竜》
闇属性ドラゴン族モンスター、「かつ融合素材である」。
融合先は《メテオ・ブラック・ドラゴン》。
レベル8で統一する場合は《トライホーン・ドラゴン》が有力?通常モンスターに拘らないなら色々と。

・《仮面竜》
炎属性ドラゴン族モンスター。
通常モンスター縛りならば《ガード・オブ・フレムベル》《ヤマドラン》など色々。
レベル8統一ならば《タイラント・ドラゴン》かな。
融合素材になるモンスターはいなかったはず。

・《E・HERO プリズマー》
各種融合モンスターを指定してデッキからモンスターカードを墓地に落とすためのカード。
落とすモンスターカードは手札に《ミラクル・フュージョン》《龍の鏡》が存在するかによって変わってきますが、
概ね通常モンスター(特に上級である《メテオ・ドラゴン》)を優先して墓地に落としていきます。

-魔法カード

・《未来融合-フューチャー・フュージョン》
基本的に《F・G・D》指定。
5属性のドラゴンを墓地に落とす事で《カオス・ソルジャー -開闢の使者》、《メテオ・ブラック・ドラゴン》の召喚条件を満たせるほか、5属性までの融合HEROの素材を揃える事ができます。
非常に強力な一手になるのでしっかり発動したいところ。

-罠カード

・なし

-エクストラデッキ

・エクシーズモンスター
《召喚僧サモンプリースト》+《E・HERO プリズマー》など。
特に採用する必要もないので、必要ないと判断できたら融合HEROの枚数を増やしていくといいです。




●採用候補

・《トレード・イン》
手札で腐っても《召喚僧サモンプリースト》で処理できるので、各属性ドラゴンをレベル8で統一してこのカードを採用するのもいいと思います。
その場合抜けるのは《強欲で謙虚な壺》か?




●おしまい

以前キャラデッキ的な感覚で組み上げたら思いのほか面白いデッキでハマってしまったヤツです。
強さはさっぱりですが自在に融合召喚を行える面白いデッキですので融合好きな方には是非お勧めしたいですね。

といったところで今回はここまで。
かなり雑な記事になっていますが、ぶっちゃけ書くことがあまりないので・・・ ごめんなさい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4