忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しっくりこなかったデッキ名称を変更。
未だにしっくり来てないんだけどどうしようもない。

また変更するかもしれません。


モンスター(15枚)
機皇帝ワイゼル∞
サイバー・ドラゴン×3枚
クルセイダー・オブ・エンディミオン×3枚
オネスト×2枚
E・HERO ザ・ヒート
E・HERO オーシャン
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×3枚

魔法(18枚)
増援
月の書×2枚
強欲で謙虚な壺
ミラクル・フュージョン×3枚
フュージョン・ゲート×3枚
ハリケーン
テラ・フォーミング×2枚
デュアルスパーク×3枚
E-エマージェンシーコール×2枚

罠(7枚)
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
チェーン・マテリアル×3枚

エクストラデッキ
E・HERO Great TORNADO×2枚
E・HERO The シャイニング×3枚
E・HERO アブソルートZero×3枚
E・HERO ガイア
E・HERO ノヴァマスター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
起爆獣ヴァルカノン
重爆撃禽 ボム・フェネクス×3枚




●概要

基本的には【ゲートHERO】。
ただし《チェーン・マテリアル》+《フュージョン・ゲート》から5400~8000以上の効果ダメージを与える事が可能になっており、普通のビートダウンデッキを装いながら唐突に1キルを行っていく事が可能になっています。

効果ダメージで相手のライフをもぎ取る流れは以下の通り。
01 《チェーン・マテリアル》+《フュージョン・ゲート》を通す
02 《E・HERO Great TORNADO》を融合召喚
03 《E・HERO The シャイニング》を3体融合召喚
04 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》Aを融合召喚
05 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》Aの効果でバーンダメージ(こちらに少なくとも6枚のカードが存在)
06 場の《重爆撃禽 ボム・フェネクス》Aと《サイバー・ドラゴン》Bで《重爆撃禽 ボム・フェネクス》B融合召喚
07 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》Bの効果でバーンダメージ
08 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》Bと《サイバー・ドラゴン》Cで《重爆撃禽 ボム・フェネクス》C融合召喚
09 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》Cの効果でバーンダメージ
(10 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》と《機皇帝ワイゼル∞》で《起爆獣ヴァルカノン》融合召喚)
(11 《起爆獣ヴァルカノン》の効果でバーンダメージ)

こちらの融合モンスター5体+《フュージョン・ゲート》で5400ダメージは確定となり、他の魔法罠・相手のコントロールするカードに応じてさらにダメージは増加します。
フィールド上のカード9枚で《重爆撃禽 ボム・フェネクス》の効果を3回発動した場合の合計ダメージが8100なので9枚を目安に効果を発動していくといいと思います。
《起爆獣ヴァルカノン》はおまけ。相手の場にモンスターが残っている状況ならばそれを破壊して追加ダメージを与えられます。オーバーキル気味のダメージ量になりますが、致死量には十分すぎるダメージ量なので出せる構成にはしておきたい所です。
《起爆獣ヴァルカノン》に関してですが、《E・HERO ザ・ヒート》を2枚採用しておくと《重爆撃禽 ボム・フェネクス》よりも先に出すことが可能になります。先出しをどう有効活用するのかは微妙な所ですが、機械族の枚数を1枚増やせるので《機皇帝ワイゼル∞》をデッキから外し《サイバー・ドラゴン》のみでデッキを回転させられるようになるのは大きな利点ではないかと思います。《E・HERO ノヴァマスター》が登場したらそのような形にしてもいいかもしれません。

全体的にはほぼ【ゲートHERO】の構築を取っていますので、《チェーン・マテリアル》とエクストラデッキ構成の以外は従来の【ゲートHERO】のノウハウを転用可能です。(ただしこのレシピの【ゲートHERO】としてのレベルは結構低い。)
今まで使ってきたデッキに強力なフィニッシャーが追加された程度の扱いでサイドに《チェーン・マテリアル》を仕込むようなやり口でもいいかもしれません。
《チェーン・マテリアル》+《フュージョン・ゲート》の1キルに特化する場合はモンスターカードを7枚に抑えてアレコレしたようなデッキがベストっぽいので、こちらはあくまで殴り合いの中から突発的に1キルを行えるデッキとして作成しました。
一応、《チェーン・マテリアル》を事故要因として見てもBF位のデッキとは普通にやりあえるデッキになっています(多分)。

ちなみに、《チェーン・マテリアル》下での融合を踏まえたモンスターカードの配分ですが、このレシピ上だと最初に展開する5体の融合モンスターは《重爆撃禽 ボム・フェネクス》、《E・HERO Great TORNADO》、《E・HERO The シャイニング》3体が限度っぽいです。
・《サイバー・ドラゴン》+《E・HERO ザ・ヒート》=《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
・《重爆撃禽 ボム・フェネクス》+《サイバー・ドラゴン》=《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
・《重爆撃禽 ボム・フェネクス》+《サイバー・ドラゴン》=《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
・《E・HERO アナザー・ネオス》+《クルセイダー・オブ・エンディミオン》=《E・HERO The シャイニング》
・《E・HERO アナザー・ネオス》+《クルセイダー・オブ・エンディミオン》=《E・HERO The シャイニング》
・《E・HERO アナザー・ネオス》+《オネスト》=《E・HERO The シャイニング》
・《E・HERO エアーマン》+《E・HERO オーシャン》=《E・HERO Great TORNADO》or《E・HERO アブソルートZero》

5体目を《E・HERO アブソルートZero》に変えられますが、《E・HERO The シャイニング》を3体使い切ってしまう事を考えると、1キルに至らなかった場合のリカバリー要員として《E・HERO アブソルートZero》は十分に残しておきたいところ。
余るモンスターカードは《オネスト》1枚と《機皇帝ワイゼル∞》だけなので要注意。事前に《ミラクル・フュージョン》を使い《E・HERO The シャイニング》の効果を発動せずにHEROが除外されたままだと上記のような布陣を敷けなくなります。
ただ、このデッキは素の打点が高く、融合モンスターを5体展開しなくても事前の殴り合いの影響でライフを削りきれる場合が多いのであまり気にする必要は無いかもしれません。
そして、1キルに至らずとも、相手に致死量のダメージを与えた後のエンドフェイズに《チェーン・マテリアル》による自分融合モンスターの自壊から《E・HERO アブソルートZero》や《E・HERO The シャイニング》の効果を発動でき、アドバンテージを大きく回復する事ができます。




●モンスターカード解説

《クルセイダー・オブ・エンディミオン》
通常のデッキを装う上で、19打点の《デュアルスパーク》対応アタッカーとして有用なカード。
属性にも恵まれているので《E・HERO アナザー・ネオス》のようにサーチが利かなくても何だかんだで強い。

《オネスト》
デッキの中心となるアタッカーがほぼ光属性で揃っているのでかなり有効なカード。
相手の《チェーン・マテリアル》への注意をそらす事もできるかもしれない。

《機皇帝ワイゼル∞》
役割は4枚目の機械族モンスターという事になるけど、魔法無効化の効果も含めてアタッカーとしてはかなり強い。
ハイビート調の布陣は除去を受けやすく、出すタイミングもそこそこ多かったりはする。
ただ、流行り物として入れている感はかなりあって、採用する"4枚目の機械族モンスター"は他のカードでもいいと思う。

《サイバー・ドラゴン》
アタッカー。
下手に除外されると《重爆撃禽 ボム・フェネクス》での大ダメージを狙えなくなる可能性があるので注意が必要そう。4枚目以降の機械族モンスターの存在はそのための保険とも言えます。


●魔法カード解説

《ミラクル・フュージョン》・《フュージョン・ゲート》
個人的にはガンガン使っていくべきだと思う。
元々のデッキが素で強いし、《チェーン・マテリアル》を使わなくても普通に勝てたりする。

《E-エマージェンシーコール》2枚
3枚目は《テラ・フォーミング》に回している形です。
手札をモンスターカード一色にしても仕方ないデッキなので、この辺りを微調整といった所かなー
《チェーン・マテリアル》を事前に握っているタイミングなど、これを引くより《テラ・フォーミング》を引いた方が強い場合がちょっとだけあります。

《死者蘇生》
スペースが見つからなかった。
ついでに、これより優先して《サイクロン》を採用したい思いも強い。


●罠カード解説

無し


●エクストラ解説

無し



●おしまい

とりあえず公開してみますー

率先して入れておきたいカードのほか、《超融合》なんかの、ただ入れてみたいカードもあってもうカツカツ。
デッキ自体は良く動くし、《チェーン・マテリアル》の発動を狙わなくても普通に勝てちゃったりするので中々良い動きをしてくれます。
《チェーン・マテリアル》と《フュージョン・ゲート》は揃ったら揃ったで勝ちだし、かなり好き放題できるデッキかも。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4