忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

或いは【ゲートHERO】、【ゲートハイビート】。

リリースを要求しない19~21打点のモンスターを中心としたビートダウンデッキで、
《フュージョン・ゲート》などを用いて《E・HERO The シャイニング》や《E・HERO ノヴァマスター》などを融合召喚する事も可能な高打点のビートダウンデッキです。




モンスター(15枚)
ラヴァル・ランスロッド×3枚
フレムベル・ヘルドッグ×3枚
サイバー・ドラゴン×3枚
E・HERO ザ・ヒート×2枚
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×3枚

魔法(14枚)
増援
月の書
ミラクル・フュージョン×3枚
フュージョン・ゲート×3枚
デュアルスパーク×2枚
サイクロン×2枚
E-エマージェンシーコール×2枚

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
盗賊の七つ道具×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬
スキルドレイン×3枚

エクストラデッキ
E・HERO Great TORNADO×2枚
E・HERO The シャイニング×3枚
E・HERO アブソルートZero×2枚
E・HERO ガイア×2枚
E・HERO ノヴァマスター×3枚
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×3枚




●概要

必要ならば《フュージョン・ゲート》や《ミラクル・フュージョン》を用いて高打点のモンスターを用意する、
通常召喚を軸とした至って普通のビートダウンデッキです。
モンスターをリクルートする事のできる《フレムベル・ヘルドッグ》やサーチ効果を持つ《E・HERO エアーマン》など高い攻撃力を持ったモンスターが目白押しのデッキであり、
下級モンスター同士の戦闘を行っていく上ではまず敵がありません。

《フュージョン・ゲート》の存在を度外視するならば《王宮の弾圧》も採用可能な構築であり、《スキルドレイン》を標準搭載しても問題ない程度の能力を持つモンスターで構成されたデッキであるため、《スキルドレイン》の効果を余すことなく発揮してメタビート調の展開を見せる事ができます。
ちなみに、《ラヴァル・ランスロッド》は《スキルドレイン》の影響下であり続ける限り妥協召喚しても墓地に送られないという裁定のため相性は非常に良いです。

魔法・罠カードで相手の行動を妨害し、相手が対抗しづらい高打点のモンスターで攻めていくというスタンスを保ちながらプレイしていくだけのデッキであり、プレイング難度は極めて低いです。
注意すべき部分はカウンター罠のマストを見極める程度。
ついでに言えば《フレムベル・ヘルドッグ》の効果は確実に通していきたいかなといったところ。

カードパワーが非常に高いデッキなので攻めて攻めて攻めまくるといったプレイを取ればいつの間にか相手が死んでいるはず。
中々強力なデッキではないかと思います。




●モンスターカード解説

《フレムベル・ヘルドッグ》
《ラヴァル・ランスロッド》をデッキから特殊召喚できるモンスター。
相手モンスターを破壊する必要があるとはいえ、ATK1900なので条件はかなり満たしやすい。
問題は攻撃を通せるかどうか。
《盗賊の七つ道具》などを駆使してキッチリ攻撃を通し《ラヴァル・ランスロッド》の特殊召喚へと繋げたい。

《ラヴァル・ランスロッド》
妥協召喚が可能な21打点。
妥協召喚をした場合はエンドフェイズ時に墓地に送られてしまうため、その場合、基本的には《激流葬》や《聖なるバリア-ミラーフォース-》を踏みに行く役となる。
"《スキルドレイン》の影響下であり続ける限り妥協召喚に対する制約を無視し墓地には送られない"という裁定が下っており、《スキルドレイン》との相性が良い点には大いに注目したい。

《E・HERO アナザー・ネオス》
《デュアルスパーク》発動要員。または《E・HERO The シャイニング》の融合素材。
それなりに重要なモンスター。


●魔法カード解説

《フュージョン・ゲート》
《E・HERO The シャイニング》などの融合召喚に用いる。
手札の状況にもよるけれども、概ね相手に与えるプレッシャーはかなり大きい。
《E・HERO The シャイニング》の融合召喚によって相手をけん制していきたい。
伏せカードが無ければ《E・HERO ノヴァマスター》によるドローも強力。

《ミラクル・フュージョン》
やや存在感が薄い。
HERO自体はそれほど多くないため枚数調整は必要かもしれない。
3枚採用はさすがに脳筋すぎるか。

《デュアルスパーク》
除去要員。速攻魔法なので汎用性が高くかなり強い。
手札に握っている場合は優先的に《E・HERO アナザー・ネオス》を場に出していきたいところ。


●罠カード解説

《スキルドレイン》
影響を受けるモンスターは《フレムベル・ヘルドッグ》と《E・HERO エアーマン》、《E・HERO ノヴァマスター》程度。
概ね影響は無い。
また、《ラヴァル・ランスロッド》の自壊効果が無効になる。
無制限にもなり、かなり出番の増えたカードなので有効活用していきたい。

《盗賊の七つ道具》
罠カードの無効がとりわけ強力になるという訳ではないけれども、
《フュージョン・ゲート》による融合召喚の補助など、重要な役割はそれなりに多い。




●おしまい

《ラヴァル・ランスロッド》の自壊効果が《スキルドレイン》で無効になると知ったので改めてご紹介。
制限改定も含め、こうなってくるとまた見え方も違ってくるんじゃないだろうか。

個人的にはちょっとモンスターカードが少なすぎるんじゃないかなといったところ。
何を足していけばいいのかというアイデアは無いんですが…

《スキルドレイン》を採用してはいるものの、
概ねフェアに戦える良いデッキではないでしょうか。
ただし個性が足りない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
HEROの余談ですが
このデッキに関係なく今一扱い難いのですが 異次元の精霊 は面白いです。

裁定が弱いですがSS効果によりアブソをコントロールしたり出来ます。
チワワ 2011/03/10(Thu)22:19:14 編集
追加モンスターですが
初めまして。
デッキレシピ参考にさせてもらっています。

自分もゲート軸のHEROが好きなのですが、

ザ・ヒートOUT
エヴォルクターシュバリエIN

ではどうでしょうか。

後は水と土でバルバドスとスノーマンイーターを1ずつでも積みたいかなと。

ミラクルフュージョン3積みならいっそエアトス入れてもいけそうですよね。
魚青 2011/03/23(Wed)01:32:46 編集
無題
レシピいつも拝見させてもらっています。

少々思ったことを。
・このままだとアブソを出せないのでスノーマンイーターあたりが欲しいかも
・特殊召喚制限がキツいとはいえミラクルフュージョン3ゲート3積みなら平行世界融合もアリあと。融合HEROを除外からエクストラに戻して毎ターン融合もできますし(非現実的かw)
ウコン 2011/03/24(Thu)09:18:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4