忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モンスター(18枚)
光と闇の竜(ライトアンドダークネス・ドラゴン)
ドラグニティ-レギオン×3枚
ドラグニティ-ファランクス×2枚
ドラグニティ-ドゥクス×3枚
ドラグニティ-アキュリス×3枚
ドラグニティアームズ-レヴァテイン
ダンディライオン×2枚
クリッター
D.D.クロウ×2枚

魔法(10枚)
竜の渓谷×3枚
未来融合-フューチャー・フュージョン
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
我が身を盾に
テラ・フォーミング
サイクロン
おろかな埋葬

罠(12枚)
落とし穴
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
激流葬
王宮の弾圧×2枚
スターライト・ロード
ゴッドバードアタック×3枚


一部改訂。
《コアキメイル・ドラゴ》を《D.D.クロウ》に変更したという点が大きいです。


環境メタを考えたら《コアキメイル・ドラゴ》が選択肢に加わるんですが、
それよりも《ライオウ》が優先されるべきだと思った。
《コアキメイル・ドラゴ》を採用する利点がこのデッキにはないので。
(《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》がデッキにあれば…と言ったところ)

とりあえず《ライオウ》は投入せず、《D.D.クロウ》を採用。
腐りがちなりやすいという印象が強い《ゴッドバードアタック》の発動条件を満たしやすくすると同時に、
相手の墓地利用も多少妨害しておきます。

そして、タイチさんを始めとした多数のプレイヤーが《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》+《ドラグニティ-ファランクス》による《トライデント・ドラギオン》シンクロ召喚が有効な一手であると語っているようなので、改めてこちらでも紹介しておきます。
※《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》から《トライデント・ドラギオン》を出すギミックについては理解していたのですが、"1キルである"という前提を無視して「ディスアドバンテージが酷い」というだらしない理由から記事に加えていませんでした。

これは厳密には《トライデント・ドラギオン》が強いというのではなく《ドラグニティ-アキュリス》による除去が強いとの事。
怪しいカードを除去した上で《トライデント・ドラギオン》3連打を叩き込めるのは詰めの一手としては相当評価が高いようです。


…とは言え、この型のドラグニティでは《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》を2枚以上採用するのは博打の要素が強いような気がします。
このデッキがメタビ寄りだからかもしれませんが、急いて危険な1キルを狙う必要性をあまり感じていません。



今回はここまで。
次回ドラグニティの記事を書く時はサイドやエクストラの話題を中心にしようかなと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4