忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DeckImage_07_12SinCrystalbeast.jpg

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》+《降雷皇ハモン》+《Sin レインボー・ドラゴン》+《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》。
ATK4000の強力なモンスターを12枚搭載した規格外のパワーデッキです。
特殊召喚のためのコストを必要としないモンスターであり、《降雷皇ハモン》も宝玉獣をコストとすれば踏み倒しも可能ということで、安定性もそれなりに高いデッキとなっています。






モンスター(22枚)
宝玉獣 ルビー・カーバンクル×2枚
宝玉獣 トパーズ・タイガー
宝玉獣 サファイア・ペガサス×3枚
宝玉獣 コバルト・イーグル
宝玉獣 エメラルド・タートル
宝玉獣 アンバー・マンモス
宝玉獣 アメジスト・キャット
降雷皇ハモン×3枚
究極宝玉神 レインボー・ドラゴン×3枚
Sin レインボー・ドラゴン×3枚
Sin サイバー・エンド・ドラゴン×3枚

魔法(16枚)
宝玉の導き×3枚
宝玉の契約×2枚
虹の古代都市-レインボー・ルイン×3枚
月の書
禁じられた聖杯×2枚
レア・ヴァリュー×2枚
ブラック・ホール
テラ・フォーミング×2枚

罠(2枚)
神の宣告
激流葬

エクストラデッキ
サイバー・エンド・ドラゴン×3枚
その他




●概要

従来の宝玉獣デッキに《Sin レインボー・ドラゴン》と《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》を投入したデッキです。
ATK4000の特殊召喚モンスターが12体搭載されたデッキであり、そのどれも特殊召喚条件はあるものの、最低でも実質コスト無しに特殊召喚できるモンスターで構成されているため手札事故も起こりづらくなっています。
(《Sin レインボー・ドラゴン》を特殊召喚すればするだけ《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》が特殊召喚できなくなる点は伏せておいてください)

宝玉獣関連のカードは全てこれらのモンスターのサポートに回ります。
単純に永続魔法扱いとして《降雷皇ハモン》のコストになったり、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》特殊召喚条件を満たしたり、《虹の古代都市-レインボー・ルイン》の効果発動条件を満たしたり。
《宝玉の恵み》で墓地から釣り上げたり、《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》の効果や《宝玉の氾濫》を発動して戦うという選択肢は構成上とりづらいためカットしたほうが賢明だと判断しました。
宝玉獣モンスターはゲーム序盤からSinモンスターの横でこそこそと動き回らせます。

Sinモンスター単体でしか攻撃を仕掛けられないというデメリットどうするかは考えていません… 残念ながら。
このレシピそのままでは、Sinモンスターが相手モンスターを殴り続けるだけで、その先に進む事ができそうにありません。
まずは《宝玉の祈り》を用いるのが適切ではないかと思います。
最悪《宝玉の氾濫》の採用も考えるべきか…

ド派手で華のあるデッキです。
扱う上ではどう勝ち筋を見出していくかが大事かな。




●モンスター解説

《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》
《Sin レインボー・ドラゴン》のコストと見せかけて一応特殊召喚できるようなつくりにはなっている。
でも出せるようにする必要はあまりないかもしれない。
出せるようにする作りを捨て、採用する宝玉獣・サポートカードを厳選すればより強いデッキになりそう。

《降雷皇ハモン》
それなりに出しやすいアタッカー。
こいつを特殊召喚するのもいいけど、《虹の古代都市-レインボー・ルイン》の効果(特にドロー効果)はより大事なので特殊召喚は慎重に。

《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》
魔法罠ゾーンから《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を特殊召喚できればデッキの回転が速くなる。
なんだかんだで2枚入れておいて損は無いだろうと判断。



●魔法カード解説

《虹の古代都市-レインボー・ルイン》
破壊されにくいフィールド魔法。Sinモンスターとの相性も良い。
Sinモンスターと組み合わせる上では魔法・罠を無効にする3番目の効果の発動を狙っていきたいところ。

《ブラック・ホール》
除去装置。場の宝玉獣を魔法罠ゾーンに追いやる目的でも良いし、単純にSinモンスターのダイレクトアタックを狙っても良い。
このデッキではかなり役に立つカードのはず。

《禁じられた聖杯》
Sinモンスターの効果を無効にして他のモンスターの攻撃を可能にするためにあるカード。
その他の用途に用いるのもいいけれども、やはり総攻撃力8400のダイレクトアタックへと持ち込みたい。




●おしまい

色々と突っ込みどころはあるかと思いますが、デッキ名…特にデッキ名についての突っ込みは入れないようにお願いします。

とりあえずは、《降雷皇ハモン》3枚はいらないかなーなんて思ったり。
1枚は簡単に出せるんですが、3枚出したいとなると色々なサポートカードが欲しくなってくる。《宝玉の恵み》とか。
ただ、カード消費してまで《降雷皇ハモン》を出す意味があんまりなさそうなのでそういうのは避けたいところ。

後は… 勝ち筋があんまり見えてこないところをどうするかが問題ですね。
宝玉獣との相性はすこぶる悪いですが、《スキルドレイン》とか採用しちゃうのも手だろうか?

ともかくもド派手で面白いデッキではないかと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
凄い楽しそうなデッキですね
sinエンドとsin虹は入れても余り事故の
要因にならない所が個人的に大好きです
No Name(笑) 2011/02/28(Mon)01:08:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4