忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《サイバー・ドラゴン》特殊召喚→《極星霊ドヴェルグ》召喚→《極星霊デックアールヴ》アドバンス召喚→《レベル・スティーラー》特殊召喚→《極神皇ロキ》シンクロ召喚!

大体こんな感じ。
スタンダードでテンプレートな構築かと思います。


モンスター(19枚)
冥府の使者ゴーズ
終末の騎士
極星霊ドヴェルグ×3枚
極星霊デックアールヴ×3枚
闇の仮面
レベル・スティーラー×2枚
ゾンビキャリア
サイバー・ドラゴン×3枚
グローアップ・バルブ
キラー・トマト
THE トリッキー
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(7枚)
貪欲な壺
死者蘇生
ワン・フォー・ワン
ハリケーン
サイクロン×2枚
おろかな埋葬

罠(14枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の桎梏グレイプニル×3枚
神の宣告
極星宝レーヴァテイン×2枚
極星宝ブリージンガ・メン
極星宝グングニル×2枚
リビングデッドの呼び声
マジカルシルクハット×2枚
フリッグのリンゴ

エクストラデッキ(適当)
A・O・J カタストル
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン
ブラック・ローズ・ドラゴン
極神皇ロキ×2枚
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク


《極神皇ロキ》のシンクロ召喚ギミックを中心に、極星宝カードを《極星霊ドヴェルグ》などで使いまわして除去力として運用するデッキとなります。
構築はテンプレート寄りで、特に《極神皇ロキ》のシンクロ召喚に特化したデッキであるため取り扱いはかなり簡単だと思われます。


まずは基本となる《極神皇ロキ》のシンクロ召喚ギミックから。
初めに書いたとおり、このデッキは《サイバー・ドラゴン》+《極星霊デックアールヴ》+《レベル・スティーラー》で《極神皇ロキ》のシンクロ召喚を行う事を目的としたデッキですので、このシンクロ召喚を行うために《神の桎梏グレイプニル》でシンクロ召喚のために必要なパーツを集めたり、《終末の騎士》などの効果で《レベル・スティーラー》を墓地に送ったりする作業をゲーム序盤に行う必要があります。

《サイバー・ドラゴン》
デッキの中核となる特殊召喚可能な星5モンスター。
サーチが利かないのが難点だけど、最悪アタッカーとしても運用していけるため使い勝手はかなり良い。
《奈落の落とし穴》が怖い場合や《マジシャンズ・サークル》の利用を考える場合は《太陽の神官》への差し替えを推奨します。
《奈落の落とし穴》警戒は基本無意味ですが、《レベル・スティーラー》を2体利用して《氷結界の龍 トリシューラ》を狙うような場合には多少なれど有効かと思います。

《極星霊デックアールヴ》
必ず手札に持っておきたいモンスター。
《極星霊ドヴェルグ》で得た追加の召喚権を用いてアドバンス召喚すると、この2体の回収効果によってディスアドバンテージが発生せず、墓地の極星宝を回収する事ができるため後続のモンスターをサポートしやすいので、《極神皇ロキ》以外のシンクロ召喚を狙う場合でも《極星霊ドヴェルグ》をリリースしての特殊召喚をオススメします。

《レベル・スティーラー》
必ず墓地に落としておきたいモンスター。
《極神皇ロキ》以外にも《極星霊デックアールヴ》+《レベル・スティーラー》+《BF-精鋭のゼピュロス》で《氷結界の龍 トリシューラ》のシンクロ召喚を行う事ができるため、かなり重要になるモンスターです。
純粋な壁として特殊召喚し、相手が不用意に突付いてきた所を《極星宝レーヴァテイン》で返り討ちにするようなプレイングも有効。
《終末の騎士》などのカードを用い、早い段階で墓地に落としておきましょう。

《BF-精鋭のゼピュロス》
《極神皇ロキ》以外のシンクロ召喚を狙う時に活躍が見込めるモンスター。
+《ゾンビキャリア》でレベル6、+《グローアップバルブ》でレベル5。
このように墓地のカードだけでシンクロ召喚を行う事も可能なので手札を消費しがちな《極神皇ロキ》の後続として有力です。
余裕があれば墓地に落としておきたい。
詰めの段階では単純な打点の補強としてもかなり強いです。


除去力としての活躍を期待する極星宝については以下の通り。
《極星霊ドヴェルグ》での再利用を前提に考えてあり、これらのカードをドローする必要はあまりありません。
ゲーム序盤に《マジカルシルクハット》を利用して1枚だけ投入してある極星宝を中心に墓地に落としておくのが好ましい扱い方となります。
採用する極星宝の枚数配分についてはお好みで。

《極星宝レーヴァテイン》
良く使われる除去罠とは異なるタイミングでモンスターを除去するカード。
発動タイミングが遅いため、相手の使うカードによっては発動する前に破壊されてしまいますが、発動を無効化されない点や、《極星霊ドヴェルグ》で回収が可能な点でモンスター除去としてはかなりの活躍が見込めます。

《極星宝グングニル》
自分モンスターの破壊効果に対して発動し、相手のアドバンテージを食うような使い方が出来ればいいのですが、除外モンスターの帰還に関しては擁護の仕様が無いので採用候補の中ではやや扱いづらいカード。
1枚だけ投入し《マジカルシルクハット》等で予め墓地に送っておき、必要に応じて《極星霊ドヴェルグ》で回収し利用するのがベストかと思います。

《極星宝ブリージンガ・メン》
《極星霊ドヴェルグ》で相手モンスターと相打ちし、使用したこのカードを回収し再利用する方法をはじめ、除去範囲においては《極星宝レーヴァテイン》とほぼ同じものの様々な活用法があるカード。
このカードが一番採用しやすいだろうか。


シンクロ召喚パーツの中で特に重要な《サイバー・ドラゴン》のサーチが利かないため、それが手札に回ってくるまでは他のカードで戦線を維持しなくてはならない点はこのデッキの弱点です。
《マジカルシルクハット》と《極星霊ドヴェルグ》を駆使して何とか相手の攻撃を凌いでいけそうですが、こちらのモンスターも戦闘破壊されていくため基本的にジリ貧。
この間を上手くやりすごしたいなら《極星宝グングニル》を運用していくのがいいのかもしれません。


という訳で、《極神皇ロキ》を使いたいならとりあえずこんな感じのデッキがいいのかなと思います。
…けど、この構築では《極神皇ロキ》に頼りすぎていてそれ以外の攻撃手段に乏しいのが悩ましい所。
《極神皇ロキ》を目的ではなく手段のひとつにしてしまえば幾らか戦いやすくなるとは思うのですが、シンクロ召喚の難度が高すぎてあんまり思い浮かばないのが本音です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
それもいいですが俺の場合は簡易融合→LV5融合モンスター、レベル・スティーラーとも組み合わせてます
フェス 2010/12/07(Tue)07:19:32 編集
無題
>>フェスさん
簡易融合は便利そうですね。
全く考えていませんでしたが、普通にアリだと思いました。
デックアールヴなんかのりリース要因としてもいいし、むしろ使うしかないな
クリ 2010/12/09(Thu)19:08:13 編集
無題
初コメです。
いつも見てます。
僕はこのタイプに増援も入れてます。
ドヴェルグもって来れますし、安定しますよ
2010/12/11(Sat)15:58:11 編集
無題
>>Mさん
ドヴェルグサーチは安定なのかな。
当初候補にあり、初期のレシピでは投入されていましたがグレイプニルに役割を持たせればいいかなと抜いてしまっていました。
最悪終末の騎士サーチって事で、使い勝手はよさそうなんですけど
クリ 2010/12/14(Tue)08:56:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4