忍者ブログ
来期を待て。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

情報漁った。
ルール関連の話題とエクシーズ方法の簡易まとめ。
(網羅はしてないです)






●エクシーズ召喚のルール

エクシーズ召喚の詳細については-カードwikiの当該ページ-にて。
エクシーズ素材の詳細についての-カードwiki当該ページはこちら-
解説されている部分などでも、改めて押さえておきたいところが幾つかあるので以下ピックアップ。


●エクシーズ素材は墓地に送る(ただしフィールド上のカードを墓地に送るという事ではない)。

要はエクシーズ素材として取り除き墓地に送った《クリッター》は効果が発動せず、《ダンディライオン》ならば効果発動するということ。
また、エクシーズモンスターのエクシーズ召喚を無効にされ素材が破棄された場合も「フィールド上から墓地に送られた扱いではない」ようなので注意したい。


●エクシーズ素材はカードとして扱わない。フィールドに存在するものとして扱わない

一時的にカウンター扱いとなるって感覚なんでしょうか。
「カードの形をしたカウンター」みたいな感じか
実質フィールド上に存在しない扱いなのでエクシーズ素材を《サンダー・ブレイク》の対象にはできない。
素材の《E・HERO アブソルートZero》を取り除いても効果は発動しない。

そして、取り除いた瞬間にカード扱いにはなるようなのだけれども、墓地に送るまでは暗黒物質扱いになるようで、
《マクロコスモス》が場にあればゲームから除外され、《次元の裂け目》では墓地に送られるとのこと。
これはその内裁定が変わりそう。

また、存在しない扱いなので素材のデーモンを「デーモン」とカウントして《堕落》を発動したりすることはできず、
《仕込みマシンガン》では素材をカード1枚としてカウントせず、
融合素材にできない。


●墓地に送られる代わりにゲームから除外されるモンスター(効果を発動した《ゾンビキャリア》など)の扱い

効果を発動して特殊召喚された《ゾンビキャリア》をエクシーズ素材にし取り除いた場合、墓地に送られるとのこと。
つまり、「フィールド上から離れる場合ゲームから除外される」系のモンスターはエクシーズ素材にすることで除外を免れることができる。
だからどうした? と思うところもあるかもしれませんが、墓地から蘇生した後除外されるようなモンスターを再利用できるのでお得な感はあるんじゃないかと思います。

ちなみに、その系統のモンスターは《ゾンビキャリア》以外では
  1. 《紅蓮地帯を飛ぶ鷹》
  2. 《チェーンドッグ》
  3. 《バトルフェーダー》
  4. 《魔轟神獣ガナシア》
  5. 《魔天使ローズ・ソーサラー》
  6. 《ミンゲイドラゴン》
  7. 《ワーム・ヤガン》
が存在している。
現状では《ガチガチガンテツ》用に《ゾンビキャリア》、《ミンゲイドラゴン》が使えそうなのと、
《グレンザウルス》用に《魔轟神獣ガナシア》、《No.39 希望皇ホープ》用に《チェーンドッグ》が使える程度かな。


●トークン使用不可

語る事は特に無い。


●エクシーズモンスターが裏側守備表示になった時の素材

そのまま残る。


●エクシーズモンスターが破壊された時の素材の処理

素材は墓地に送られる(ただしフィールド上から墓地に送られる扱いではない)。




素材はカウンター扱いってのが適切そうな感はある。
もしくはレイヤー2の下層モンスターカードゾーンの存在とかそんな感じか。
色々とややこしいけど、「素材は素材であり続ける限りカードじゃない」と覚えておけば問題は無いかな。
あとは… 取り除かれてから墓地に送られるまではカードとして扱われるだけの暗黒物質だーとか




●エクシーズモンスターまとめ

・シンクロ召喚などと同じく、《昇天の黒角笛》で無効にできる特殊召喚のパターン(優先権を行使しない行動)
・素材はモンスターの下に置く
・フィールドから離れたら素材は墓地に送る
・エクシーズモンスターが裏側守備表示になっても素材は残る

●エクシーズ素材まとめ
・カードとして扱わない
・《マクロコスモス》では除外されるけど《次元の裂け目》では除外されない(裁定代わりそう)
・フィールド上の対象として選択できない
・フィールド上のカードの枚数に数えない
・エクシーズモンスターが場を離れたら墓地に送られる ※ただし裏側守備表示は除く




●話の出ている有力そうなエクシーズパターンまとめ
(実用性の高そうなモノのみ)

-3色ガジェットによるエクシーズ召喚

《血の代償》と組み合わせる事でエクシーズモンスターを連打できる。
単純な打点の補強にもなるし、《血の代償》抜きでもエクストラに指しておくだけでデッキの強化に繋がるため相性はすこぶる良い。


-《創造の代行者 ヴィーナス》+《神聖なる球体》

《創造の代行者 ヴィーナス》からランク2エクシーズへとつなげる形になる。
現状では《ガチガチガンテツ》を出して《大天使クリスティア》やその他影響力の強い天使族モンスターのステータス補強を行ったり、単純に壁として利用したり。


-おジャマ勢

特に《おジャマ・レッド》からランク2エクシーズの連打が可能になる。
《ガチガチガンテツ》と《おジャマ・カントリー》を組み合わせて《ガチガチガンテツ》の攻守を逆転し強力なアタッカーとして運用できる模様。
《チェーンドッグ》との相性も良く、エクシーズを軸としたデッキとしてかなりまとまりのあるデッキになりそう。
どうやら、《おジャマ・レッド》と《おジャマ・カントリー》を組み合わせて《ガチガチガンテツ》2体とおジャマ2体を場に並べることで総攻撃力が8000を超える模様。


-剣闘獣

《剣闘獣ガイザレス》経由でランク4エクシーズを自由に出し入れできる。(ランク3も一応可能)
墓地に送った剣闘獣は《剣闘獣ダリウス》で釣り上げたり、《剣闘獣の底力》でデッキに戻したり。
《剣闘獣ガイザレス》から《剣闘獣ダリウス》を経由することで《ヴァイロン・ディシグマ》を出せる。
《ヴァイロン・ディシグマ》を一番出しやすいデッキだと思うんだけど、戦闘+《剣闘獣ガイザレス》効果で相手のフィールドを滅茶苦茶にしちゃってるところが玉に瑕。
《ヴァイロン・ディシグマ》の効果を最大限に発揮する事はまずできそうにない。


-獣族

先ほど例に挙げたランク4エクシーズ素材として有力な《チェーンドッグ》をエクシーズ召喚に利用していくパターン。
場にレベル4を含む獣族モンスター2体が場にいる必要がありそうな雰囲気で《チェーンドッグ》の効果発動条件を満たすのがやや難しそうなものの、《チェーンドッグ》を2体墓地に置いておく事で条件を満たせる。
また、この場合はノーコストでエクシーズ召喚ができるためかなり強い。
条件が合えば何度でもエクシーズ召喚できるのも強み。

獣族モンスター2体を場に並べ《チェーンドッグ》の効果発動条件を満たす手段としては
  1. 《素早いモモンガ》
  2. 《おとぼけオポッサム》+《森の番人グリーン・バブーン》
  3. おジャマ勢
  4. 《極星獣タングニョースト》
  5. 一部の剣闘獣
  6. 《素早いビッグハムスター》
  7. 《スクラップ・キマイラ》
  8. 宝玉獣
  9. 魔轟神獣
  10. 《ロックキャット》
などが無差別ながら挙げられる。


-宝玉獣

《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》などの効果から、同レベルのモンスターを場に並べやすいデッキ。
《宝玉獣 サファイア・ペガサス》を中心にランク4、《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を中心にランク3のエクシーズモンスターのエクシーズ召喚が狙える。
ただし、エクシーズ素材となった宝玉獣が墓地に送られてしまい、コストを払って再利用しないといけないという短所があり、《カウンター・ジェム》でも使いたくなってくるレベル。


-ドラゴン族

【ミンゲイライダー】軸になりそうな感じだろうか。
《ミンゲイドラゴン》から場に出していくことになる《ガチガチガンテツ》は《光と闇の竜》の効果によって破壊を免れる事が(一応)できるため、相性も良いといえば良い。
問題は、どうやってランク2のエクシーズ召喚を行うかという点。
有力そうなパートナーは《デコイドラゴン》、《ドラグニティ-ファランクス》、《ドラグニティ-アキュリス》くらい。
ドラグニティを組み合わせられるのでデッキとしてのまとまりはある方だろうか。


-《バーニング・スカルヘッド》

ランク3エクシーズの素材として使える。
バーン効果を持つ《グレンザウルス》との相性が非常に良く、
《スカル・コンダクター》から2体特殊召喚→《グレンザウルス》でモンスターを戦闘破壊とつなげると3000ポイントの効果ダメージが相手に入る。
手札消費とか細かい事を気にすると負けな辺り、かなりネタっぽい。


-《機械複製術》

エクシーズ素材をサクッと場にそろえる事ができる。
《機械複製術》を利用したエクシーズ召喚パターンの一例としては以下のような感じ。

●ランク2
  1. 《シンクロン・エクスプローラー》(+《ニトロ・シンクロン》などによる単純なランク2エクシーズも可)
  2. 《ニトロ・シンクロン》
  3. 《マシンナーズ・ピースキーパー》
  4. 《古代の歯車》
  5. 《A・ボム》
  6. 《Sin パラレルギア》
●ランク3
  1. 《D・ボードン》
  2. 《D・リモコン》
  3. 《カードガンナー》
  4. 《カラクリ小町 弐弐四》
  5. 《カラクリ参謀 弐四八》
  6. 《ブラック・ボンバー》
●ランク4
  1. 《ヴァイロン・ペンタクロ》
  2. 《エクスプレスロイド》
  3. 《アーマード・サイバーン》
現状ではこんなところ。
ランク5以上を狙うには今の所レベル5の《サテライト・キャノン》しか存在しないので現実的じゃない感がバリバリしてます。
《ヴァイロン・ペンタクロ》や《エクスプレスロイド》は《ヴァイロン・ディシグマ》狙いではかなり有力そうな感はある。
準制限の《カードガンナー》複製はアリだと思ってる。

-機械族の機械複製術について by feathさん-
ネタ元。
「機械族モンスターに対する《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》という脅威をエクシーズ召喚によって取り除ける」のは確かに大きな変化。

複製術からエクシーズにつなげる意味があまり無いのが気がかりだけど、後述のデメリット回避の観点からして《カードガンナー》2体をランク3エクシーズに変えるのが有効である場面が稀ながら存在しそう。2ドロー無くなるけど。




●その他

墓守や《深海のディーヴァ》辺りは場当たり感が強くてデッキになじみそうに無い。
《墓守の偵察者》2体や《深海のディーヴァ》2体からエクシーズモンスターにつなげる意味はまだ無いと思う。
今後壊れた性能のエクシーズモンスターが出てきたら話は違うだろうけど…

という訳でひとまずここまで。
残念ながらデッキのネタはこれ以上出てこないです。

何にせよ、もうちょっとエクシーズモンスターの数が増えないことにはどうしようもないです。
シンクロモンスターがスターターデッキで初登場した時に「《簡易融合》でシンクロだー」とか騒いでいたのと同じ段階なので何とも言えない。

最後に、ついでにと言ってはナンですが、

-エクシーズ考察っぽい事をひたすらつぶやく by八日さん-

こちらのエクシーズ考察も大変ためになるのでオススメです。
エクシーズモンスターを使うための心構え的なものを学べます。
「デメリットを回避するための存在でもある」というエクシーズモンスターの解釈も興味深く、なにかひらめきを得られそう。


ここでホントに終わり。
ここまで漁った情報と考えて思いついたこと。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
友人がちゃちゃっと代償除去ガジェでやってましたが、公認でラスト剣闘に負けた以外はスト勝ちしたとかなんとか

でも、デッキはそれぐらいが今は限度かと…(´・ω・`)
今後に期待ですなぁ
テゐー 2011/03/24(Thu)18:50:09 編集
無題
>>墓地に送られる代わりにゲームから除外されるモンスター
に関してですが、ボルト・ヘッジホッグはどうでしょうか。
ゾンビキャリアがあれば丁度ランク2にもなれますしね。
No Name(笑) 2011/03/24(Thu)22:20:31 編集
無題
個人的にはガチガチガンテツ>グレンザウルス>ホープです。
ガチガチはおジャマでかなり使えます。レッドから1キルみたいな事されましたし
フェス 2011/03/26(Sat)01:22:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/12 No Name(笑)]
[12/11 NO NAME]
[10/06 ほのぼの~]
[09/22 No Name(笑)]
[09/21 名無し]
[09/19 舞々P]
[09/13 (゚Д゚)]
[09/13 Af]
[09/10 空夜]
[09/09 gil]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
クリ
性別:
男性
職業:
反面教師
趣味:
カラオケ・遊戯王カード・落書き他
自己紹介:
 とてつもなくマイペースです。
目標:
 全国津々浦々で使用される有名なデッキを作り上げる。
性格:
 支離滅裂
連絡:
ご意見・ご連絡等はkurishirotのgmail.com宛(途中の”の”は半角の@に)のメールでお願いします。メッセはflamenoah-ss-actのhotmail.co.jpが適当です。
最新トラックバック
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4